区民が選んだ板橋のいっぴん、大仏サブレーはお土産に「フランス製菓」

ショップ
スポンサーリンク

こんにちは、美味しいものがあればいつも幸せな、いっこです。

地元のおすすめのお土産がないかなーとお探しのあなたにおすすめ。

今回は、東京都板橋区にある、地元で愛される老舗の洋菓子店をご紹介します!

スポンサーリンク

名前

フランス製菓

スポンサーリンク

住所

東京都板橋区赤塚2-2-5

スポンサーリンク

最寄り駅

東武東上線 下赤塚駅

東京メトロ 有楽町線・副都心線 地下鉄赤塚駅

スポンサーリンク

赤塚一番通り商店街にある洋菓子店

下赤塚駅の北口をでたところにある、赤塚一番通り商店街は、昭和の雰囲気が残る、懐かしさあふれる商店街です。創業50年を超える老舗の洋菓子店が、フランス製菓さんです。

以前は、青と赤のシェードで時代を感じさせる外観でしたが、リニューアルされて、おしゃれな外観になっています。ガラス張りの明るい店内。正面のショーケースに美味しそうなケーキがならんでいます。

スポンサーリンク

赤塚の名所、東京大仏がモチーフの大仏サブレー

お店の人気は、創業当時から販売されているというたぬきの形をしたバタークリームケーキの「たぬき」。ショーケースの中で、愛嬌のある表情でこちらを見ていました。他であまりつくっていないという珍しいケーキということなので、一回食べてみる価値あり。

私が特におすすめするのが、大仏サブレー。赤塚には、東京大仏という大きな大仏様がある乗蓮寺があります。東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを込めて、建立されたものだそうです。その東京大仏が描かれた大仏サブレー。

「区民が選んだ板橋のいっぴん」に選ばれていて、区民に愛されるお菓子です。普通のサブレーとは少し違うんです。ざくざくっとした歯ざわりでとてもおいしい。ここでしか買えないというお土産は、重宝しますよね。私は、帰省するときや、友人の家にお土産に持っていったりしています。

パッケージは少ししぶめかな。でも私はローカル感がでていて好きです。

スポンサーリンク

クリスマスイブは大賑わい

先日、幼稚園のお友達のクリスマスパーティーに出席するとき、おみやげとして、大仏サブレーを買っていきました。その日は、クリスマスイブだったので、お店はクリスマスケーキを買う人たちを待つ準備がされていました。予約されている方、予約していない方で、導線もわけられ、あとはお客さんを待つばかり。私が訪問したのは朝早かったので、お客さんはまだいなかったけれど、お店の方が、今日は一年で一番忙しい日ですとおっしゃっていたのが印象的でした。そんな日に、大仏サブレーを買う私は、変わっていますね。お店の方も少し驚かれていました(笑)

地元のおいしいおみやげのラインナップに、加えてみてはいかがでしょうか?おいしいよ。

コメント