インターナショナルスクールに通わせたい!親が英語を話せないけど大丈夫?

子供
スポンサーリンク

子供を国際的に育てたいということで、インターナショナルスクールに通わせたいと思っていらっしゃるご家庭も多いと思います。そこで、気になるのが親の英語力。

子供がインターナショナルスクールに通うのに、親が英語を話せないとだめなのかなあと不安に思っていらっしゃいませんか?

今回は、インターナショナルスクールに通わせるのに、親の英語力はどれくらい必要なのか、親が英語を話せないときはどうしたらよいかについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

インターナショナルスクールで親が英語を話せなくても大丈夫?

インターナショナルスクールで親に必要な英語力は、結論としては、スクールによって違います。スクールの入学条件として、両親のどちらかが英語を話せることを挙げているスクールは多いように思います。

そのようなスクールでは、スクールからの連絡や在校生用のサイトも英語のみで、書かれている英語を理解できることが必須です。先生との保護者面談も英語なので、読み書きだけではなく、聞く、話すことができることが必要になります。

親の参加が要求されるスクールイベントでも、英語でのコミュニケーションとなるでしょうから、英語がわからないと辛くなるときがあるのではないかと思います。

通常、入学の面接のときに、親の英語力を見られるようですが、全く話せない場合でも、スクールとの連絡手段が確保できればよいという考えから、英語を話せる親戚や通訳がいることをアピールして突破した例もあると聞きました。親の熱意を見られているのかもしれませんね。

子供が成長するにつれて英語レベルが上がってくると、家で英語で話すことも増えてくるそうです。知人は、留学経験も豊富で英語のスクールの教師をしており、英語も流暢ですが、子供が中学になると、理解できない英語が多くなってくると話していました。

日本の学校に通わせたときも、宿題やわからないところを家庭でサポートすることがあると思いますが、インターナショナルスクールの場合は、ベースが英語になってくるので、それをサポートできる英語力は親もつけていかなければいけないと思います。

日本人を歓迎しているインターナショナルスクールの場合は、入学時に、親の英語力はあまり問われないことが多いようですが、子供の学校生活を理解していくため、将来の進路などを考える上にも、親も英語力をつけていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

インターナショナルスクールで親が英語を話せない時!

インターナショナルスクールに通わせたいけど、親が英語を話せないときはどのようにすればよいでしょうか?

親が英語を勉強すれば良いという意見もありますが、言語の習得には時間がかかります。毎日単語を覚え、語彙力を増やしていくことはできますが、残念ながら、すぐにぺらぺら話せるようにはなりません。日々発生する学校との連絡に必要となるレベルに達するには相当な努力と時間が必要になると思います。

自分が英語を話せないから、子供には英語を話せるようになってほしい、だからインターナショナルスクールに行かせたい!と思っていらっしゃる親御さんもいらっしゃるでしょう。

子供をどうしてもインターナショナルスクールに通わせたい場合は、日本語のサポートがあるインターナショナルスクールを選ぶのがおすすめです。たくさんのインターナショナルスクールがありますが、スクールの理念はかなり違います。

転勤などで日本に滞在している外国人の子供のために開設されているインターナショナルスクールでは、親の英語力は必須となり、日本語でのサポートを期待することは難しいです。

一方で日本人の入学も歓迎しているスクールでは、日本語のサポートが充実しています。学校からの連絡事項が日本語と英語でされ、成績表も日英併記であったりします。そういう学校の場合は、子供の日本語教育にも力を入れていることが多いので、日本語の基礎も身につけなければいけない小学校からインターナショナルスクールに通う場合は、良いかもしれません。

そのような日本語サポートのあるスクールをどうやってさがすか?ですが、まずは、スクールのホームページを探してみてださい。スクールのサイトで、日本語のページが充実しているようであれば、日本人を歓迎している学校である確率が高いです。

気になる学校があった場合は、学校説明会や見学に行ってみてください。実際にスクールを見せてもらうことで、そのスクールが自分の子供にあっているか肌で感じることができます。事務のスタッフの方と直接お話しすることでスクールの状況もわかりますし、親に必要な英語のレベルの相談もできます。

スポンサーリンク

まとめ

日本人が多いインターナショナルスクールに通わせるなんて、意味あるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ここで考えてほしいのは、子供の学校は英語力をつけるためだけにあるのではないということです。

日本の小学校に通うことを考えてみると、子供は学校に、教科を学習するだけに行くのではないということがわかりますよね!子供は、学校で教科の勉強をするだけではなく、お友達や先生と一緒に時間を過ごす中で、社会で生きていくためのルールを学んでいきます。

インターナショナルスクールも同じことだと思います。私は、学校は、子供を総合的に成長させてくれる場所であってほしいと思います。親が与えられないものを学校が与えてくれ、子供は視野を広げることができるのではないかと思います。

日本人が多いからダメというのではなく、学校の提供するプログラムをよく見て、それが自分の子供に良いのではないか?と親が思うならば、それが一番の選択であると思います。

家族でよく話し合って最善の選択ができるといいですね!

コメント