出産準備で不要だったものは?買って後悔したアイテムをご紹介!

子供
スポンサーリンク

初めての出産は不安でいっぱいですね!赤ちゃんが生まれる前に何を準備しておけばよいか、悩んでしまうと思います。

私はお店で聞いた情報やインターネットで必要なものを調べ、準備しましたが、揃えるものはたくさんありました。赤ちゃんが生まれてからも、日々の悩みはつきません。これ買ったほうがいいかも!と思って揃えたものもたくさんあります。けれど、買って後悔したものもたくさんあります^^

赤ちゃんのために何でも揃えたいけど、お金もかかりますし、使わなかったらもったいないですよね!今回は、私が出産準備で不要だったもの、買って後悔したアイテムをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

出産準備で不要だったもの ママ用

まずは、出産準備で不要だったもの ママ用のアイテムです。

ママコート

赤ちゃんを抱っこしたまま着られる、ママコートです。抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたまま、前を閉めることができます。赤ちゃんを前で抱っこするタイプ、おんぶにも対応するタイプなどがあります。

確かに、便利ではあるのですが、赤ちゃんを抱っこして、前を閉めると、かなり大きく、ごっつく見えます(汗)。私は背が低いので、見た目はかなり、いまいちでした(涙)

ジッパーで取りはずしのできる部分がついているデザインが多いので、ママ一人のときでも着用できますという、うたい文句ですが、あまり着ないかも。

買うなら、ママコートより、赤ちゃん用のベビーケープが良いかなと思います。

マザーズバッグ

赤ちゃんとお出かけするときの荷物は多いので、大き目のバッグは必要です。使ってみて、ここが使いにくいなあと思い、ママバッグは、何個も買いましたが、振り返ってみれば、大き目の軽い普通のバッグでよいかなあと思います。

荷物が多いのは、ミルクを飲んでいる期間なので、意外と使う期間が短いです。ママの気にいったデザインのバッグを買うのがおすすめです。

肩にかけるタイプのバッグだと、しゃがんで赤ちゃんを抱き上げたりするときに、肩から荷物がずれて、子供にぶつかることもありました。抱っこ紐があるので、肩がたいへんだけど、リュックタイプも良いかもしれません。

スポンサーリンク

出産準備で不要だったもの 赤ちゃん用

次は、出産準備で不要だったもの 赤ちゃん用のアイテムです。

オイルヒーター

エアコンだと乾燥するので、オイルヒーターを買おうかなと思われるかもしれません。私も買いました。子供が生まれた年の冬には使用しましたが、それっきり。やはりそんなに暖かくないし、光熱費がとても高いです!

結局、処分するのも大変で、何年か倉庫に眠らせたあと、オークションで売りました。エアコンで十分だと思いました。

ベビーゲート

子供が歩き始めると、キッチンにはいらないように置くタイプのベビーゲートを買いました。始めは役に立っていましたが、そのうち、自分で開けてはいるようになりました。

壁に固定するタイプのベビーゲートは役には立ちましたが、子供が柵の向こうで泣き叫ぶので、結局なだめに行ったりで、いらなかったかなと思いました。処分にも困りました。

母乳さく乳機、保存パック

手動タイプの母乳さく乳機も買いましたが、そんなにたくさん絞れず、パックに保存するほどの量ではなかったです。お乳が張ったら、その時に赤ちゃんに飲ませるのがいちばんだと思いました。

ミルク用の調乳ポット

ミルクにちょうど良い70度程度にお湯をわかし、保温してくれるポットです。赤ちゃんが泣いたらすぐにのませないといけないと焦ってしまうので、ポットを買ったのですが、電気ケトルだとすぐにお湯が沸くので、買う必要はなかったなと思いました。

授乳用ケープ

授乳用ケープはいくつか買ったのですが、結局ほとんど使いませんでした。夏生まれだったので、子供も暑そうだったし、素材を考えたほうがよいと思いました。ショールやシャツなどで代用しているママもいたので、それで十分かもしれません。

スリング

首が据わるまでは、縦抱っこができないので、スリングを購入しました。とてもかわいいのですが、赤ちゃんが小さいうちは、スリングに埋もれてしまって、ちゃんと息ができているのか心配でした。赤ちゃんをスリングに入れるのも慣れが必要です。

大きくなってくると、赤ちゃんの体重がずっしりと片方の肩にかかり、結構しんどかったです。首が据わってからはエルゴを使用しましたが、はじめから首が据わっていない赤ちゃん用のサポーターを利用してエルゴの抱っこ紐を使ったほうがよかったかなと思いました。

ベビーベッド

レンタルしましたが、ほとんど使いませんでした。赤ちゃんが泣いて、お乳をあげるときには、結局、床に座ってあげていたので、必要なかったです。

大きくなっても使えるタイプのベッドを購入しようかと悩んでいましたが、買わなくて本当に良かった!幼児になっても、一人では寝ず、親の横に寝るので、子供のベッドの購入は、もう少し先で良さそうです。

ベビー布団

小さなベビー布団に赤ちゃんが寝ているのは本当にかわいいです。場所も取らないですし。ただ、そんなに長い間使わないので、シングルのお布団でも代用できると思います。

ドーナッツ枕・ベビー枕

赤ちゃん用の枕は買いましたが、動けるようになると枕から頭をはずしていることが多く、いらなくなります。タオルなどを重ねても代用できそうですし、あえて買わなくても良かったかなと思いました。

スリーパー

布団がはだけても良いように、赤ちゃんにスリーパーを着せることもよくあると思います。ねんねのうちは、そんなに動かないし、布団をはぐほど激しく動き回るのは、もう少し大きくなってからと思います。その頃には、自我もでてきて、娘はスリーパーを着るのを嫌がったため、活躍の場がなかったです。

お子さんの成長を見ながら、購入するとよいと思います。

体重計

出産後、病院にいる間は、授乳の前と後に体重を量り、いくらお乳をを飲んだと計測していました。退院してから、体重計がないので、赤ちゃんがどれくらいお乳を飲んでいるのかわからず、毎日の体重も記録できないことが心配になって、あわせてて赤ちゃん用のスケールをレンタルしました。

今から思えば、そんなに神経質になる必要はなかったと思います。もっとゆったりとした気分で過ごせばよかったなと思っています。

赤ちゃん用バスチェア

ママと赤ちゃんでお風呂に入るとき、ママが体を洗う間、赤ちゃんをバスチェアに座らせているというママ友はたくさんいました。私も買おうかと悩んだアイテムですが、まず、娘は大きかった(というか太っている?)ので、足やおしりにそったデザインのチェアだと、入らないかもと思いました。おとなしく椅子に座っている期間は短いので、わざわざ買わなくてもよいかもしれません。

電動爪やすり

はじめは、はさみを買ったのですが、赤ちゃんの小さな爪を切るのがこわくて、電動の爪やすりを買いました。でも、うまく使えず、ほとんど使わずに終わってしまいました。

おとなしく、はさみで切れるように練習したほうがよかったと思いました。

お尻ふきウォーマー

赤ちゃんのおしりふきを暖めてくれるウォーマーです。冬に冷たいウェットのおしり拭きを使うと赤ちゃんがかわいそうと考えたりしますが、さっとふくだけなので、わざわざあたためなくても良いかなと思いました。

スポンサーリンク

最後に

今回は、私が出産準備で不要だったもの、買って後悔したアイテムをご紹介しました。赤ちゃんといっても、本当に一人ひとり違うし、私の娘にあてはまったものが、他の赤ちゃんにあてはまるというものでもありません。私が不要と思ったものでも、必要だったといわれるママもきっといると思います。一人の意見として、お役に立てると嬉しく思います!

私は、初めての出産と子育ては不安で、何か悩みがでてくるといろいろと調べて、対応グッズを買っていました。良いと聞けば飛びついて買うというような感じです。今振り返ると、なぜあんなに神経質だったのかなと思いますが、そのときは必死でした。

初めて出産するママが、不安で仕方がない!というのは、子供が1歳になるまでかなと思います。インターネットや本などで、子育てのことを必死で調べていたのは、1年程度。それからは、子育てのことで不安にかられたり、悩みすぎることはなくなりました。

もし、日々の子育てに悩んでいるなら、もう少し肩の力をぬいて、赤ちゃんとの生活を楽しんでくださいね。振り返るときっと楽しい思い出になると思います^^

 

コメント