仕事

マインドマップで人生が変わる!おすすめの使い方

マインドマップを知らない方はいないかもしれません。

でも効果的な使い方をご存知でしょうか?

マインドマップを日常にとりいれると、人生が変わります。

私もはじめて1週間ですが、その効果を実感しています。

今回、ご紹介するのは、「マインドマップの効果的な使い方」です。

このスキルは、人生のいろんな場面に応用できるので、いったん身につけてしまえば、人生がどんどん好転していくんです。

ぜひ、あなたも実践してみてください。

マインドマップを使う前に注意すること

前提として、よく理解していなければいけない大事なこと。

それは、「目的はマインドマップを極めることではない」ということです

マインドマップは、人生を良くするためのツールに過ぎません

機能をすべて知る必要はないんです。

大事なのは、どう活用していくか?

目的と手段を間違えないようにしましょう。

おすすめのマインドマップツール

マインドマップは、たくさんのソフトがあります。

有料のものから、無料のものまで、機能もたくさんあります。

何を使おうか悩んでしまう方におすすめなのは、xMindです。

公式ページはこちらです。https://jp.xmind.net/

このソフトの良いところは、無料、シンプル、動きが軽いところ。

スマホ用のアプリもあります。

どんなに機能が豊富でも、動作が重たかったり、すぐにおちたちゃったりとすると、ストレスになりますよね。

xMindはそんなことが全くない、おすすめのツールですよ。

マインドマップのおすすめの使い方1:インプットでの活用

本を読んだり、動画や音声で学習したり、学校で授業のノートを取ったりするときには、マインドマップでメモを取るのがおすすめです。

なぜなら、こんなに良いことがあるんです。

  • 一目でぱっとわかるから、復習しやすい
  • 重要項目を中心に、補足項目を効果的にメモできる
  • 順番の入れ替えが簡単だから、あとで分類・整理がしやすい

かんたんな方法を二つご紹介します。

一つ目は、インプットするトピックが明確なときのやり方

トピックを書き出して、それに紐づく詳細をメモします。

二つ目は、インプットするトピックが明確ではないときのやり方

全体像が良く見えない状態でメモを取り始めるので、まずはとりあえずメモを取っておき、最後にとったメモをカテゴリー分けしながら、整理します。

驚くほどストレスなく、メモを取ることができますよ!

マインドマップのおすすめの使い方2:思考の整理での活用

なんか、もやもやする。よくわからないけど、気分が沈む。

そんなこと、誰でもありますよね。

そんなときには、マインドマップを使って、頭の中をすっきりさせましょう。

ポイントは、ただ、出し尽くすこと。

この段階で整理する必要はありません。

仕事、人間関係、家族、お金、時間、趣味、夢など、気になることを何でも書き出してください。

カテゴリ分けしたほうが出しやすい時は、仕事、家族、お金、健康、体型、
目標にわけて、どんどんリストアップすると良いですよ。

全部書き出せたら、もやもやの種をつきとめましょう。

書き出したことそれぞれに対して、整理します。

「どうしたいの?」「何が気になっているの?」と自分に聞いてみてください。

そうしたら、「別にたいしたことなかったじゃん」とか「こういうふうになりたいんだ。だから気になっていたんだ。」とか、自分の心の声が聞こえてくるはず。

自分が得たい結果が明確になるんですよね。

この作業をやるだけで、精神状態が軽くなります。すっきりします。

次に、アクションプランを作ります。

明確にした得たい結果を手に入れるために、「いつ」「なに」をやるのかを、具体的に決めて、アクションプランを作ります。

そうすれば、具体的な行動に結びつきます。あとはやるだけ。

本当に頭がすっきりして、明るい気持ちになれますよ。

これは、毎朝やるのがおすすめです。

マインドマップのおすすめの使い方3:コンテンツメイキングでの活用

最後にご紹介するのは、レポートを作ったり、プレゼンを作ったりするときにおすすめの活用法です。

マインドマップをつかうと、アウトプットの質がアップします。

たとえば、あるテーマでレポートを作成するとします。手順はこんな感じです。

1.必要なタスクを思いつくままに、マインドマップにインプット。

たとえば、「ネタを集める」「必要なポイントを整理」「構成を作成」「見直し」「提出」とかです。

2.上で上げた各タスクに対して「いつやるのか」「なにをするのか」を考えます。

この段階で、タスクが明確になり、それをいつやるかも明確になっています。

3.リストアップしたタスクを決めた時間に実行する。

こうすると、漏れがなくなり、大枠から大きくそれることもない。

結果、品質の高いアウトプットが完成します!

実践しながらスキル化

大事なことは、日々の生活にマインドマップを取り入れるということ。

はじめから、完璧なんてないです。

実践しながらスキルをつけていきましょう。

気づき&重要ポイント

私は、マインドマップは以前使っていましたが、そのうち使わなくなっていました。

うまく活用できていなかったように思います。

上で紹介した活用法を学んでから、日々のいろいろなことにマインドマップを使ってみることにしました。

そうすると、どんどん人生が良い方向に向かっているような気がするんです。

私は、物販をやっていますが、そのタスクがなかなか終わらないことにいらいらしたり、効率よくできないことに悩んだりしていましたが、マインドマップでタスクを整理してみました。

あとは、商品販売の商品ページ作成のときに、その構成を考えるのに使ってみたりしています。

あとは、日々の気になることを書き出して、整理してみたり。

そうすると、あら不思議。毎日が動き始めて、楽しいです。

アクションプラン

今回の学びをふまえたアクションプランです。

  • 本を読むとき、動画や音声を聞くときは、マインドマップでメモを取る。
  • 朝起きたときに15分時間を取り、自分に向き合い、気になっていることをすべてマップに書き出す。
  • 資料作成のとき、ブログ作成のとき、物販の商品ページ作成のとき。構成を考えなければならないときには、マインドマップを書いて考える。

たったこれだけのことなのに、大きな効果がありますよ。

ぜひあなたの生活に取り入れてみてくださいね。