自分

やりたいことが計画通りにできないときの対処法

新しいことを始めるときは、気分が高まって、やる気満々になりますね!

やりたいと思って始めたこと、うまく進んでいるでしょうか?

「はじめはよかったんだけど。。」と思うこともよくありますね。

もしかしたら、「なんで続けられないんだろう?」と自分のことが嫌になっているかもしれません。

うまく進んでいないなあと思ったら、自分を責めるのではなく、少し立ち止まって考えてみるのがおすすめです。

本当にやりたいことなのか、考えてみよう

まず最初に「今やろうとしていることは、本当に自分がやりたいこと?」と自分に聞いてみましょう。

「もういいかなあ」と思うなら、潔くやめてしまいましょう!

もし1週間で飽きてしまっていたとしたら、あなたはその1週間で十分満足したということ。

3か月は続けないととか、思う必要はありません。

今、心が動くものを始めてみましょう。

興味を失ったことに時間を使うほど、人生は長くありません。

いつも自分の心がワクワクすることをやりましょう。

時間を作ろう

「本当にやりたいんだけど」と思うようなら、時間を作ることから始めるしかありません。

でも私たちは忙しい。どうやったら時間が作れるの?と思いますよね。

答えはシンプル。「やめることを決める」しかありません。

なぜなら、私たちのキャパは決まっているからです。

水がいっぱいに入ったコップに、もっと水を注ぐことはできません。

コップになみなみと入った水を少し捨てましょう。

そうすれば、スペースができます。

こんなステップで試してみてください。

1.何に自分が時間を使っているから、自分は忙しいのか、やろうとしていることができないのかを整理してみましょう。

自分が時間を使っていることはわかった。でも、どれも大事でやめられない。どうしたらいいの?

2.そんなときは、本当に今やらないといけないことなのかを考えてみましょう。後でもいいことかもしれません。

どうしても全部やらないといけないなら、時間を減らすことができるかを考えてみましょう。

時間ができたら、次は、やることを整理します。

やることを明確にしよう

ポイントは、タスクはできるだけ、小さく小さく分解することです。

大きいと、大変そうとか、圧倒されてしまいます。着手するのも力が必要になる。

だから、小さくしましょう。

小さくすれば、細切れ時間にあてはめることができます

時間をロックしよう

小さなタスクになったら、あとは、あいた時間に組み込むだけです。

パソコンの前に座らないとできないことなら、その時間に。

何かをしながらでよいなら、通勤中や家事をしながら。

すきま時間を有効活用するために、どんな方法ならできるかな?と考えてみてください。

制限があると、意外と良い方法が考えだすことができます。

私は、読書が好きなのですが、時間がとれなくてストレスを感じていました。

そこで、Audibleのサービスを利用することにしました。

ジムでウォーキングしながら、子供もお弁当を作りながら、音声で本を聞きます。

たくさん読書できるようになり、面倒な運動も家事も、楽しくこなせるようになりました。

まとめ

私は今新しいことを学んでいます。新しいビジネスもやろうとしています。

でも、日々の仕事もやらなくてはいけない、家事もしなくてはいけない、子供にもちゃんと向き合う時間がほしい。

時間が足りない。

だから、完璧にこなそうとするのはやめました。計画通りできなくてもいい。

5分でも、できることを進める。

そうすれば、少しは進みます。

たった5分であっても、前進していればいつかはたどり着くのです。

自分を責めるのはやめて、今できることを少しでもやりましょう。

いつも自分のワクワクする心をもって、進んでいくことを忘れないでくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事
自分

「新訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」エスター・ヒックス/ジェリー・ヒックス/本田健~人生が楽しくワクワクに満ちたものになる宇宙の法則を教えてくれる本

2022年6月12日
心おだやかに。
「新訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」 【著者】エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス【訳】本田健 人生が楽しくワク …