考え方

行動するのが怖い?失敗などない。勇気を持って行動しよう。

今年は、生き方について多くのことを学び、生きるのがどんどん楽になった1年でした。

その中で、大事だなあと思ったことの1つに「行動する」があります。

今回は、「行動するのが怖い、行動する勇気が出ない」と感じているあなたに、「行動する勇気が出る方法」をシェアしたいと思います。

行動するのが怖いときは、その理由を考えてみる

私も、「何かをやりたい」と思ったときに、すぐに行動できるかといえば、そんなことはありません。

次のような感情がわいてきます。

  • 失敗するかもしれない
  • 自分には合っていないかもしれない
  • 途中でやめてしまうかもしれない

その不安から、始めることをやめてしまった経験がたくさんあります。

では、行動する勇気を持つためには、どうすればよいのでしょうか?

それは、自分がなぜその感情を抱いたのか?について考えてみるとよいです。

  • なぜ、失敗したらいけないのか?
  • なぜ、自分に合っていなかったらだめなのか?
  • なぜ、途中でやめてしまったらいけないのか?

そうすれば、自分が本当に不安に思っていることがわかります。たとえば、次のようなことです。

  • 失敗したら、恥ずかしい、家族に迷惑をかける
  • 自分に合っていなかったら、投資したお金や時間が無駄になる
  • 途中でやめてしまったら、いつもすぐに投げ出してしまう自分を嫌いになる

このように、自分の感情の背後にある思いに気がつくと、対策を取ることができます。

行動するのが楽しくなる考え方

上で明らかになった自分の思いについて考えてみます。

失敗したら、恥ずかしい、家族に迷惑をかける

恥ずかしいという感情は、自分の思い込みですから、勇気を出して行動した自分を誇りに思えば、乗り越えられそうです。

家族に迷惑をかけるのは、なぜでしょうか?

家族と過ごす時間が減ることや、家事をする時間が減ってしまうことであれば、事情を話して合意を得ることで解決できそうですね。

仕事など、収入が減ってしまうようなことであれば、空いた時間で少しずつ始めてみるなどすれば、大きな影響を受けることなく、スタートできそうです。

自分に合っていなかったら、投資したお金や時間が無駄になる

たとえ、自分に合っていなかったとしても、投資したお金や時間は無駄になりません。

なぜなら、「自分に合っていなかった」ということがわかるからです。

行動しなければ、「やってみたいなあ」という漠然とした思いを抱えたままで、この先もずっと過ごすことになるでしょう。

そして、結局やれなかったら、「なぜやらなかったのだろう」と後悔の思いを抱くでしょう。人は、やったことよりも、やらなかったことを後悔すると聞いたことがあります。これは、自分自身を振り返っても納得できることです。

行動すると見えてくるものがあります。次に進むためのヒントを手に入れることができるのです。行動は無駄にはならないのです。

途中でやめてしまったら、いつもすぐに投げ出してしまう自分を嫌いになる

私は、思ったことはわりと実践するほうで、すぐにやめてしまったこともたくさんあります。何をやっても続かない自分を嫌だなあと思ったこともあります。

けれど、投げ出してもいいのです。楽しくないと思うことをがんばって続ける必要はありません。そんなことをするほど、人生は長くないのです。人に何を言われようが、気にしないでください。

「やってみたけど、残念、あまり楽しくなかったわ。次のワクワクを探そう!」という軽い気持ちで進んでいきましょう。

試行錯誤して、学んでいくのが人生です。恐れないで、行動しましょう。

まとめ

私も今までいろんなことを思いついて、やってみました。お金も時間もたくさん使いました。

もちろん後悔することもあったけれど、行動すると自分の中で納得できる感覚が生まれてきます。行動しなければわからないことだったなあと今は思うのです。

きっとあなたも同じではないでしょうか?

悩むということは、あなたの心が何かを感じているということ。だって、感じなければ、それをやりたいなんていう発想は出てこないです。例えば、私は、首相になりたいという夢なんて思いつきもしません。

思いついたということは、それが自分に合うものなのかどうかはわかりませんが、「とりあえず、やってみなよ」というメッセージなのではないでしょうか?

それは、きっと、何かを学ぶチャンスなのだと思います。

行動することで、新しい地図を受け取ることができるはずです。そう考えると、行動するのが楽しくなりませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事