目標達成

目標を達成するために必要なこと。やめたいことをやめる方法

いっこ
いっこ

やめたいと思っているのに、ついついやってしまう、どうしてもやめられない習慣はありませんか?

今回は、「やめたいことをやめられて、やりたいことができるようになる方法」をご紹介します。

やりたいことがあるのに、日ごろの習慣がどうしてもやめられなくて、目標が達成できないということはよくあります。

たとえば、ダイエットをしたいのに、お菓子をついつい食べてしまう。
勉強をしたいのに、SNSを見てしまう。
というようなことです。

あなたも、きっと経験があると思います。

そういう時は、その誘惑から自分を守ることが大事です。

でも、意志の力で戦うのではないです。

ディフェンスシステムをつくって、誘惑を撃退することが必要なんですね。

誘惑に負けてしまうのはあなただけではない

最初に理解しておくと良いことは、誘惑に負けてしまうというのは、あなただけではないということです。

人間は、そういう生き物なんだそうです。

なので、自分は何でダメなんだろう?と悩まなくても良いということです。

ちょっと気持ちが楽になりませんか?

1.人間は楽なことを選ぶ

人間は自然に楽なことを選ぶようにできているんだそうです。

習慣を変えようとすると、脳にストレスホルモンが流れるので、脳は抵抗する。

だから、「どうしてもやめられない」というのは、あなたの意志が弱いということが原因ではなく、人間はそんなものだということなんですね。

2.ストレスを感じているときは習慣に逆らえない

家族と喧嘩したり、上司から怒られた、悩みがあるとか、自分がストレスを感じているときは、抵抗する力がなくなってしまうんだそうです。

だから、疲れているときや、元気がないときは、習慣を断ち切るのは難しい

心と体を元気に保つというのは大事なことなんですね。

3.人間の脳は習慣にする

何かを判断するのには、エネルギーが必要です。

脳は、そのエネルギーを節約するために、行動を習慣にしてしまうんだそうです。

車の運転のことを考えてみるとわかりやすいです。

マニュアル車の場合、ギアのチェンジを自分でやらないといけないですね。

どのように操作するか、免許を取りたての時は、いちいち頭で考えていました。

それが、運転を続けていると、何も考えなくても、自然に体が動くようになりますね。

マニュアル車の例がわかりにくかったら、キーボードのタイピングを考えてもいいかもしれません。

続けていれば、どこにどのキーボードがあると確認しなくても、スムーズにタイピングができるようになります。

やりたいことをできるようになるためには

やめたいことをやめられて、やりたいことができるようになるには、「やりたいこと」「やめたいこと」を明確にすることが大事です。

  • やりたいことを明確にしよう

自分は「何を望んでいるのか」を明確にして、そのために「やらないといけないこと」を明確にする

  • 手放すことを決めよう

「やりたいこと」を達成するために、「ブレーキとなっていること」「やめること」を明確にする

やりたいこと、やめたいことが明確になったら、具体的なアクションプランを考えていきましょう。

アクションプランを立てよう

考えることはシンプルです。「やめること」を遠くに、「やりたいこと」を近くに配置するだけです。

ステップ1:「やめること」を簡単にできない方法を考える

たとえば、「スマホでついついSNSを見てしまう」ことをやめたい場合は、スマホをガレージの車の中に置いておく。

「お菓子を食べてしまう」ことをやめたい場合は、お菓子を家に置いておかない。

というように、「やめること」が簡単にできないように、物理的に、やるためのハードルを配置していきます。

スマホは、ガレージまで取りに行けばよいし、お菓子もコンビニに買いに行けばよいのですが、それをするのは面倒ですよね。

そうやって、自分を守るということです。

ステップ2:「やりたいこと」を楽にできる方法を考える

たとえば、「筋トレをしたい」場合は、トレーニングマットを目に見えるところに置いておく、理想のモデルさんの写真をリビングに飾っておく。

「読書をしたい」場合は、本をリビングの机に置いておく。

というように、「やりたいこと」をもっとやりやすく、もっと自分の近くに配置していきます。

「やめたいこと」よりも「やりたいこと」を選ぶほうが楽な環境を作ります。

まとめ

今回は、「やめたいことをやめられて、やりたいことができるようになる方法」をご紹介しました。

意志の力に頼るのではなく、システムを作って構造的に解決していきましょう!

今回のポイント

  • 人間は自然に楽なことを選ぶようにできている
  • 誘惑に負けてしまうというのは、あなただけではない
  • まずは「やりたいこと」「やめたいこと」を明確にする
  • 次に「やめること」を遠くに、「やりたいこと」を近くに配置する
関連記事