働き方

やっぱりワクワクする仕事を選んだ方がよいと思う

好きなことを仕事にできたらいいなあと、思ったことはありますか?

きっと、誰もが一度は思ったことがあるのではないかと思います。

でも、どうやってお金を得られるのかわからないし、
好きなことは仕事にしないほうがいいよ、という周りからのアドバイスもあります。

好きなことを仕事にしたいと思う自分は、あまいんだ、大人になりきれていないんだ。

仕事とは、そういうものなんだ。
お金をもらうためには、我慢しなければいけないんだ。

そうやって、自分に言い聞かせ、好きなことをどうやって仕事にできるのかを考えることをやめてしまった経験があるのではないでしょうか?

そして、求人サイトに並んでいる情報から、条件で仕事を選ぶのです。

少なくとも、私は長い間そうやってきました。

でも、そうやって選んだ仕事をしていると、ある日、思うのです。「つまんないな、自分はこれをやるために生まれてきたんだろうか?」

でも、飛び出す勇気はありません。ブラック企業のように、本当につらかったら、やめることもできます。

でも、そんなにひどい会社でもなければ、このままの方が幸せに違いないと自分に言い聞かせ、頑張って働き続けるのです。

どこかに、虚しさみたいなものを持ちながら。

派遣の契約が終了になる友人が、やってみたい仕事があるけど、時給が下がってしまうということで、その仕事に飛び込むのに悩んでいました。

以前の私なら、同じ様に悩んだでしょう。
でも、今は「自分がワクワクする仕事を選んだ方がいい。」とアドバイスします。

「ワクワクすることが何か?」わかっているだけでも、すごいのです。

「やってみたい」と感じるだけでも、すごいのです。

多くの人は、自分がやりたいことがわかりません。

だったら、やらないと、もったいなくない?

だって、自分がワクワクすることを選ばなかったら、ずーっと心がモヤモヤしたまま生きることになるのです。

ワクワクすることをやっていたら、次のワクワクにつながって、楽しくて時間を忘れてやっていたら、毎日が充実して、そして、気が付いたら収入だって増えているに違いありません。

そうしたら、死ぬときにやり残したことがあると後悔しないと思うのです、きっと

だから、私は、そんな人生を選びたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。