おすすめの本

やることが終わらず悩んでいる人におすすめ「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」

今回は、「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」(デビッド・アレン 著) をご紹介します。

頭の中の「気になること」を整理して、やりたいことをどんどん終わらせる方法が紹介されています。

この本は、仕事やToDoリストが終わらないあなたに、おすすめの一冊です。

知人からすすめられて、手に取った本です。

「GTD」とは「Getting Things Done」の略です。

私には合っていたらしく、一気に読んでしまいました。

ToDoリストを作ることはできても、それを予定通りに終わらせることは難しいですよね。

期限を入れても、リスケジュールを繰り返してしまう。

気持ちもすっきりしないし、できない自分も嫌になってしまう、なんてこと、よくあります。

この本で、紹介されているのは、

  • 頭の中の「気になること」をすべてリストアップする
  • それらすべての「気になること」について、次にとるべき行動を決める
  • やると決めた行動を、適切に管理して、定期的に見直す

というシンプルなステップです。

わかりやすいフローチャートがのっているので、私は、それを印刷して、自分なりの管理方法を決めました。

今も実践中ですが、以前よりも、作業がこなせていると感じます。

一番良かった点は、ToDoリストのカテゴリー分けです。

どういうことかというと、やることを「場所」「状況」でカテゴリー分けします。

たとえば、「電車でやるタスク」「パソコンの前でやるタスク」「買い物や雑用など外出時のタスク」など、その状況に応じてできるタスクをまとめておくのです。

そうすると、電車待ちの時間は、そのカテゴリーのタスクをみて、順にやっていくということが可能です。

私には、これがとてもよかったです。

私は、家事をしながら、動画や音声を視聴するのですが、見たいものをすべて「ながらタスク」にいれています。

そうすれば、次に何を見ようかと考える必要もなく、「ながらタスク」から1つ選べばいいので、効率的です。

ToDoリストを管理するのは、自分に合う方法でよいですが、私の場合は、スマホのToDoリスト管理アプリを使っています。

いつでも、どこでも、すぐに見れる方法がおすすめです。

タスクが終わらないと悩んでいる方には、一度読んでいただきたいおすすめの本です。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

関連記事