考え方

言ったことを後悔してしまうあなたは絶対読んで!「もう、不満は言わない」

今回は、「もう、不満は言わない」(ウィル・ボウエン 著) をご紹介します。

著者が提唱する「21日間、不平不満を言わない」というチャレンジが紹介されています。

この本は、絶対に読んだ方がいい、おすすめの一冊です。

不平不満を言わないほうが良いなんて、みんな知っている当たり前のこと。

それを、心に響くような形で説明してくれています。

だから、きっと誰でも、すーっと心に入ってくるのではないかなあと。

何かの書籍の中で紹介されていて、この本を知りましたが、この本を読んで、自分の人生が変わっていくのを感じています。

誰でも、1日が終わるときに、「なんであんなこと言ってしまったのかな?」「あんな言い方市なくても良かったよね」と後悔することってあると思うんですよね。

それで、自分を責めたり、自分を嫌いになってしまったりする。

この本を読んで「21日間、不平不満を言わない」チャレンジをやってみると、そういうことがなくなってくる。

別に「21日間やろう!」と思わなくてもいいんですよね。

ブレスレットでも何でもいいんですが、自分に「不平不満を言わない」ことを常に意識させるものを身につけておくと、言葉を口にするときに、意識することができる

感情のままに、無意識に話すことがなくなる。

発する言葉を大事に思えるようになる。

そうすると、自分は、良い言葉しか話さなくなるし、周りの人も影響を受けて、それで、幸せがあふれるようになってくる。

こういう「引き寄せ」については、前向きな言葉を唱えるとか、いろいろな方法があると思うけど、この本で紹介されている方法は、私には一番あっていると思いました。

方法だけではなくて、「どうして不平不満が良くないのか」がとても分かりやすく説明されているので、読むだけでも本当におすすめ

私は、不平不満を言わないチャレンジ、まだ1日も成功していません。

大人が相手だと大丈夫なのですが、私には小学生の娘がいて、彼女と話すと失敗してしまう。

部屋を片付けるようにいうと、ネガティブな反応が返ってきて、それに対して、衝動的に何かを言ってしまったりとか。

でも、娘にもこの本で学んだことは伝えていて、私はネガティブなことを言うと、「今のはだめだよ。ブレスレットはめかえて。」と言われたりします。

言ってしまっても、すぐに気づいて、「ごめんね、今の言い方は良くなかったよね。」と言えるようになっただけでも、変化です。

どうやったら、嫌なことを言わないようにできるかなと思っている人には、とても学びになる本だと思います。

サンマーク出版:「もう、不満は言わない」紹介より

21日間、不平不満を言わなければ、人生が変わる。
全世界で980万人の人生を変えた奇跡のメソッド!
人生を劇的に変える簡単な特効薬。それが、本書で著者が提唱する「21日間、不平不満を言わない」というチャレンジです。
やり方は簡単、ブレスレットを手にはめて、不平不満を言わないように21日間頑張ってみる、というもの。うっかり不平を口にしてしまったら、ブレスレットを反対の手にはめ替える。そしてまた続ける。
ブレスレットは著者が実費のみで自分のサイトから世界中に送付している紫色のシリコン製のものですが、自分の持っているブレスレットでもいいし、指輪や時計に替えてもいいし、なんでもいいのです。大事なのは、「それを替えないですむように、21日間頑張ること」。
シンプルきわまりないですが、やってみると実は意外と難しいこのチャレンジに世界中の人が挑戦したという事実には驚かされます。
自分の現実を形づくるのは言葉です。言葉を変えれば考え方が変わり、行動も変わり、やがて周りの世界も変わります。
マイナスの言葉や思いの発信をやめる、それだけで、自分にプラスをもたらすものがどんどん引き寄せられてくるのです。

 

関連記事