おすすめの本

「自分のための人生」ウエイン・W・ダイアー ~感情をコントロールし、充実した人生を送る方法

「自分のための人生」~ 一日一日「自分を大事にして生きる」生活術

【著者】ウエイン・W・ダイアー 【訳・解説】渡部 昇一

世界的なベストセラー。「充実した人生を送る」方法を学べる本。

この本で学べること

自分の人生は、自分でコントロールできる

著者は、人生のあらゆる問題は、自分で選択し、解決することができると述べています。

人生で起きることは、ただの事実、経験でしかなく、それに意味を与えるのは、それに対する自分の思いです。

そのできごとが、不幸なのではなく、自分がそれを不幸だと感じているにすぎないのです。

そのできごとが、問題なのではなく、自分がそれを問題だと意味づけているのです。

多くの人は、感情を引き起こすもとは、外界にあると思っていますが、そうではなく、自分の感情の責任は、自分にあるのです。

感情は、感じてしまうものだから自分ではコントロールできないと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

感情は思考から生まれるものなので、自分の思考をコントロールすれば、感情もコントロールすることができるのです。

どうやって、感情に振り回されない毎日を送ることができるのか、その方法について、学ぶことができます。

自分には価値がある

私たちは、「もっと人のことを考えなさい、自分のことばかり考えるのはわがままです」と教えられてきました。

何かで失敗してしまうと、自分には価値がないんだと思ってしまうことも多いですね。

ですが、自分の能力=自分の価値ではありません

自分の業績に関わらず、自分には価値があるのです。

そんなことを思ってどうするの?と思うかもしれません。

でも、自分を価値ある人間として受け入れるということは、自分に不満がなくなることです。

自分に不満がなくなれば、毎日ポジティブに生きることができます。

そして、その生き方は他の人に良い影響を与え、世界には愛が増えていくのです。

今を生きる

過去でも未来でもなく、今日という日を大切にして生きることについても、述べられています。

「すんでしまったことに対する自責の念」「これから行うことへの不安」というのは、最大の時間とエネルギーの浪費です。

過去、未来の「自分ではコントロールできない何か」への反応が、現在の自分を金縛りにしてしまうのです。

そうすることで、貴重な現在の時間を使ってしまい、充実した人生を過ごせなくなってしまいます。

今を楽しみ、もっとシンプルに生きることが大事だと教えてくれます。

本の紹介

三笠書房:「自分のための人生」紹介より

自分らしく、人生で本当にやりたいことを実現するには?

この本には、あなたの生き方を確実に変える哲学がある!

全世界で3000万部以上のセールスを記録し、《自己実現》のバイブルとして、語り継がれる名著。

著者のダイアー博士は、アメリカの心理学者アブラハム・マズローの理論を発展させ、現代の自己啓発の礎をつくった「“モチベーション”の父」である。

関連記事