大事な考え方

もやもやしている時、辛い時は「自分の心の声を聴こう」

ゆに
ゆに

なんだかもやもやして、気持ちが明るくなれないのですが、どうしたら気分が晴れるでしょうか?

いっこ
いっこ

「もやもやする」というのは、心のサインかもしれません。そういうときは、「自分の心の声をきいてみる」と良いですよ。

あなたには人生のガイドがいる

「あなたには人生のガイドがいる」というと、怪しいなあと思うかもしれませんね。

私も、そういうことをあまり信じるタイプではないです。

でも、大きな宇宙の力というのはあって、私たちとつながっているというのは確かだと思いませんか?

この広い宇宙の中で、命をはぐくむことのできる地球に生まれて、今存在しているというのは、それだけで、奇跡ですよね。

私たちは、太陽のエネルギーがないと生きていけないけれど、太陽のエネルギーはとても強いので、本当だったら私たちは生きていけない。

私たちが生きていけるのは、地球の磁場のバリアで太陽のプラズマから守られているから。

でも磁場のバリアの隙間から入り込んでくるプラズマもあって、それは北極や南極のほうに降り注ぐのだそうです。

その危険なプラズマから守ってくれるのが地球の大気で、そのときプラズマのエネルギーが光という形で放出され、それがオーロラなんだそうです。

なんか、すごい奇跡ですよね。

私は、赤ちゃんがなかなかできなかったので、子供を授かるということも奇跡なんだと感じていました。

やっぱり、私たちの目に見えない力みたいなものは存在していて、私たちとつながっている

そう考えるのが自然なんじゃないかと今は思っています。

見えない力は、私たちを幸せに導いてくれるガイドで、いつも、私たちが幸せになれるようにサインを送ってきてくれる。

でも、その力に自分の意識を向けないと、気が付かないサインなんだそう。

この目に見えない、あなたをガイドしてくれる力については、言い方はいろいろあると思うけれど、多くの先人たちや、偉人たちも、話しています。

だから人生のガイドさんがいると信じるのがシンプルかなあと思います。

心の声をきいたら未来が開けた

私は、5年間、在宅ワークに取り組んだのですが、自分の望む結果が得られませんでした。

その間に、心からいろんなサインが出ていたことを今思い出します。

でも、そのとき、違和感を感じながらも、きちんと心の声を聴かなかったんですよね。

私のやりたいことは違うと心で感じていたのに、その心にしたがうのではなく、頭で論理的に決めたことが正しいと信じて、突き進んでいたんです。

でも、気持ちも落ち込むし、自分を責めるし、結果も出ないまま。

どうしようもなくなってから、やっと心に向き合うことができたんです。

そうしたら、あんなにずっとさがしていた「自分のやりたいこと」が見つかったんです。

何年もというか、半世紀ですよね。

ずっと探していたけど見つからかなかったものがすとんと落ちるように、わかったんです

無視してきた心に、もっと早くきちんと向き合えばよかったなあと今思います。

なので、辛い気持ちになったり、自分を責めてしまうとき、「もやもやする」ときは、自分の心が正常ではないという、心のサインかなと思うんです。

そんなときは、自分の心の声をきいてあげてください

あなたの悩みは、仕事かもしれないし、結婚や、恋愛や、親子関係のことかもしれないけれど、あなたのガイドさんが幸せへの道を示してくれると思います。

まとめ & おすすめの本紹介

今回のポイント

  • あなたの人生にはガイドがいて、いつもサインを送っている
  • もやもやしたときは、心の声に耳をかたむけよう
  • 幸せへの道を示してくれるはず

目に見えない大きな力について、科学的な面をふまえて、説明されているおすすめの本です。前向きに生きることができるようになると思います。
「こうして、思考は現実になる(2)」著者:パム・グラウト /訳者:桜田直美

こうして、思考は現実になる 2

新品価格
¥1,398から
(2022/1/7 16:53時点)